2005年05月01日

ゴッホ

炎の画家ゴッホ斬新で激しい筆使いはまさに天才、いつまでたってもゴッホの作品のすばらしさの評価は落ちません。
ゴッホ ゴッホ 激情の画家として知られるゴッホ。ゴーギャンと暮らしたアルルの地で、激しい喧嘩のすえ自らの耳を切り取った話はあまりにも有名です。彼の人生は悲運の連続でありながらも、その作品は力強くも繊細であり、多様な色彩で自由に表現されています。モネら初期印象派の作風、新印象派の点描技法、さらには日本の浮世絵版画など様々な作風を吸収し確立された彼の作品は、20世紀美術に多大な影響を与えました。

ゴッホの生涯 1853 ゴッホ、フロート・ズンデルトで牧師の家庭に生まれる。 1873 ゴッホ、下宿先の娘ユジェニーに恋するが失恋 1874 ゴッホ、失恋のために生活に変調をきたす。 1878 ゴッホ、ブリュッセルの伝道師養成学校で3ヶ月間学ぶが資格を得られず。 1880 ゴッホ、画家になる決意。ブリュッセルのアカデミーで、遠近法を学ぶ。 1882 従兄の画家アントン・マウフェに就いて本格的に画業開始。しかし、子持ちの娼婦シーンと知り合い同棲を始めたことで、次第に疎遠に。 1886 グーピル商会で働いている弟テオのアパートに転がり込む。モンマルトルのアトリエに通い、ロートレックらと知り合う。また印象派を知り、次第に色彩に変化が生じていく。 1888 パリの喧噪を逃れ、南仏のアルルへ。ラマルティーヌ広場に「黄色い家」をアトリエ兼住居として賃貸。ゴッホとしての独自の画業に到達。 ゴーギャンが到着し共同生活をはじめるが、すぐに確執。耳の下部を切り取り病院に収容。ゴーギャン決別 1889 サン=レミの精神療養院に自ら入院。野外制作を許され、糸杉、麦畑などを主題とした作品を制作 1890 ブリュッセルの「レ・ヴァン(20人会)」展に作品が出品される。アンデパンダン展に10点出品。好評を得る。 療養院を去り、パリのテオを訪ねる。ピサロの推薦で医師ガシェの世話になる。拳銃自殺を図り、翌々日に死去。

アーティスト一覧


2003.08.15
ゴッホ「自画像」原画同寸 特製豪華額版 
JUMP!! ゴッホは10年あまりの短い創作活動期間に41点の自画像を残しました。この作品は死の3 ヶ月前のものと言われています。厳しい表情から彼の深い苦悩が伝わってきます。原画同寸、ノートリミング。  Meiga.Net 電脳卸しさん参加開始記念キャンペーンして、作品が描かれた当時の額縁をイメージした特製豪華額装を施してお届けします。    尚、額縁は写真と異なる場合がございます ■販売価格 ¥90,000
No.2502 Ta.2502 Sb.2502
2005.03.01
(ゴッホ)オーヴェールの庭 
JUMP!! 1890年5月に南仏のサン・レミの病院を去り再びパリに戻ったゴッホは数日後に画商との付き合いも広く芸術に深い理解をもつ神経科のガッシェ医師のいるこの地に移ります。ここで1890年7月の死までに70点を制作します。死の直前の作品。
No.4231 Ta.4231 Sb.4231
2005.03.01
(ゴッホ)カミ−ユ・ル−ラン 
JUMP!! アルルで親しくなった郵便局員ル−ラン一家の11歳の次男の肖像画です。
No.4232 Ta.4232 Sb.4232
2005.03.01
(ゴッホ)夜のカフェテラス 
JUMP!! 複製名画(ゴッホ)夜のカフェテラス
No.4225 Ta.4225 Sb.4225
2005.03.01
(ゴッホ)ゴッホの部屋 
JUMP!! アルルでの寝室を描いた絵で、大変気に入っていたが湿気で痛んだため、サン・レミの病院に移ってから20号に縮小して描いたものです。旧松方コレクションにあった作品。簡素な室内、平塗りだが荒い筆使い、部分的な厚塗り、壁・床・椅子・枕・掛ぶとん・窓それぞれの特異な色調などに特色が見られます。
No.4226 Ta.4226 Sb.4226
2005.03.01
ゴッホ)オ−ヴェ−ルの家々 
JUMP!! 「モダンな別荘や中産階級の田舎の家も崩れかけた古い藁ぶき小屋と同じほど素敵だ」と6月の日曜日に訪ねて来た弟テオにこの絵のことを書いています。パリ郊外の地に弟達も来られる新しい家を借りる考えでいました。
No.4227 Ta.4227 Sb.4227
2003.08.07
ゴッホ「アルルのはね橋」 ヘリオトワル 
JUMP!! アルルでのゴッホの主要なモチーフのひとつがこのはね橋でした。造形の美しさ、浮世絵風の明確さが彼を魅了したのでしょう。原画同寸大です。 所蔵 クレラー・ミューラー美術館 サイズ (縦×横cm) 73cmx85cm 号数 15号 ■販売価格 ¥60,000
No.2437 Ta.2437 Sb.2437
2003.08.07
ゴッホ「オーヴェールの教会」 
JUMP!! オーヴェールは彼が自殺を図った地です。ゴッホの作品の細部は非常に正確に表現されていますが、全体の構成と激しい筆触は画家の心象風景を表しているようです。 所蔵 オルセー美術館 サイズ (縦×横cm) 85cmx70cm 号数 P15号   ■販売価格 ¥60,000
No.2446 Ta.2446 Sb.2446
2005.03.01
(ゴッホ)サン・レミの病院 
JUMP!! ゴッホが入院していた精神病院の玄関を描いた絵で、前景の木の構成やうねる様な筆致に屏風絵の影響が見えます。
No.4228 Ta.4228 Sb.4228
2003.08.07
ゴッホ「ひまわり」 ヘリオトワル 
JUMP!! ゴッホにとってひまわりは特別な意味を持つもので、同じ構図の絵が7点あります。そのうち1点は第2次大戦中に日本で消失。某保険会社が58億で購入した「ひまわり」もこの絵と同サイズのものです。 所蔵 ロンドン・ナジョナル・ギャラリー サイズ (縦×横cm) 60cmx51cm 号数 F6号 ■販売価格 ¥25,000
No.2438 Ta.2438 Sb.2438
2003.08.07
ゴッホ「アイリス」 ヘリオトワル 
JUMP!! 1987年11月ニュ-ヨ-クの競売会で、欧州の美術商に72億円の史上最高値で落札されたことで一躍有名になった作品です。アルルでのゴ-ギャンとの共同生活に破れたゴッホは、自分の耳を切ってサン・レミの病院に入院します。この作品は一週間後の5月に病院の庭を描いたもので、浮世絵の影響が見られます。 所蔵 個人蔵 サイズ (縦×横cm) 54cmx61cm 号数 F8号   ■販売価格 ¥30,000
No.2439 Ta.2439 Sb.2439
2005.03.01
(ゴッホ)種播く人 
JUMP!! 精神的な師であったミレ−の<種播く人>は、ゴッホの画歴の頭初から好みの主題で、多くの模写や自分の観察による習作があり、人物と情景の設定を試み、描き直し苦心した作品。
No.4229 Ta.4229 Sb.4229
2003.10.28
絵画ゴッボ 
JUMP!! オリ−ブ園
No.2850 Ta.2850 Sb.2850
2003.08.15
ゴッホ「オーヴェールの教会」原画同寸 特製豪華額版 
JUMP!! 自ら死を選ぶまでの2ヶ月の間、ゴッホはオーヴェールで70点もの作品を残しました。オーヴェールの丘の中腹にある教会の風景、ゴッホの画家としての心象風景を感じさせる名作を原画同寸、ノートリミングで再現しました。  Meiga.Net 電脳卸しさん参加開始記念キャンペーンして、作品が描かれた当時の額縁をイメージした特製豪華額装を施してお届けします。 ■販売価格 ¥150,000
No.2503 Ta.2503 Sb.2503
2003.10.28
絵画ゴッホ 
JUMP!! 星降る夜、アルル
No.2849 Ta.2849 Sb.2849
2003.08.15
ゴッホ「アルルのはね橋」原画同寸 特製豪華額版 
JUMP!! 浮世絵の影響を強く受けたゴッホの好んだモチーフの一つがこのはね橋です。彼の代表作を原画同寸、ノートリミングで再現しました。  Meiga.Net 電脳卸しさん参加開始記念キャンペーンして、作品が描かれた当時の額縁をイメージした特製豪華額装を施してお届けします。  所蔵 クレラーミューラー美術館  サイズ (縦×横cm) 77cmx88cm  尚、額縁は写真と異なる場合がございます ■販売価格 ¥90,000
No.2504 Ta.2504 Sb.2504
2003.08.15
ゴッホ「ひまわり」原画同寸 特製豪華額版 
JUMP!! ゴッホが最も好んで描いたモチーフの一つ「ひまわり」を原画同寸、ノートリミングで再現しました。  Meiga.Net 電脳卸しさん参加開始記念キャンペーンして、作品が描かれた当時の額縁をイメージした特製豪華額装を施してお届けします。  所蔵 ロンドン国立絵画館  サイズ (縦×横cm) 116cmx97cm  尚、額縁は写真と異なる場合がございます。 ■販売価格 ¥150,000
No.2501 Ta.2501 Sb.2501
2005.03.01
(ゴッホ)むすめ(MOUSME) 
JUMP!! 日本の少女を描こうとしたこの絵は、日本への憧れがこめられています。
No.4230 Ta.4230 Sb.4230


koukokuch at 16:00│Comments(3)TrackBack(3)clip!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ゴッホ全油彩画集  [ あほっしぃのモノゴコロ。 ]   2005年03月02日 23:40
あのゴッホの超ハードカバー油彩画全集!!これは一生ものだ!!
2. 印象派後期  [ 雨の日の日曜日は・・・ ]   2005年03月03日 21:10
1910年、ロンドンでポスト・インプレッショニズムという言葉がうまれ、日本では後
3. 花を見るか、枝を見るか  [ オヤジライター、かく語りき。 ]   2005年05月02日 15:24
▲フィンセント・ファン・ゴッホ 『花咲くアーモンドの枝』(1890年) 浮世絵に魅了され日本に行きたいとまで思っていたゴッホの作品から、“日本の香り”を嗅ぎ取ったとしてもそれはごく自然のことで、『花咲くアーモンドの枝』もそのひとつとして僕は興味をもっ

この記事へのコメント

1. Posted by hidemaro55   2005年03月03日 10:36
毎度,素敵ですね。
2. Posted by ぬ   2005年05月11日 11:26
黒沢明の「夢」でもゴッホをテーマにしたものがありますが、監督も好きなんでしょうか?
なぜ日本人は「ゴッホ」と呼ぶようにばったのでしょう?世界は彼を「ヴァン・ゴー」と呼ぶのに、普通にカタカナ読みしても「バン・ゴー」だと思うのに不思議です。
3. Posted by 晴花   2005年08月12日 18:35
ゴッホの事が詳しく書かれてぃてとても参考になりました♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔